ご予約はこちらから → レッスン予約ページへ

Jacobs 3D

米ゴルフサイエンス研究機関Jacobs3D Golfが日本で初めてスタジオをMitsuhashi Golf Academyのインドア施設内に開設いたしました。スイング中のゴルフクラブの動きとフォームを3次元で計測・解析するモーションキャプチャシステム「GEARS」を完備し、プレーヤーのスイングを精緻に分析しレッスンに役立てております。また、Jacobs3D Golf によりゴルフ史上初めてプレーヤーがグリップに与える3次元エネルギーを測定できることとなりました。当施設はそれを実現できる日本唯一の施設となります。
スイング中にどのようなエネルギーをプレーヤーがゴルフクラブに与えているかを3D解析し、従来の感覚表現に溢れたゴルフレッスンとは一線を画す科学的根拠に基づいた指導に繋げます。 ツアープロ、レッスンプロ、アマチュアプレーヤーとレベルを問わずそれぞれがスイングで何を起こしているかを事実として知ることができますので、それぞれにとって効率的なスイングへの最短の道が開けるはずです。

Jacobs3D解析サービスは、まず大箱根CCのMGAインドア施設内でGEARSにより皆さんのスイングのモーションキャプチャリングデータを測定させていただき、アメリカの本部の解析システムにデータを送信します。その上で後日、あらためて三次元エネルギーの解析結果をレポートにてご提供、じっくりとスイング分析の詳細につき解説させていただきます。その際には、データにより明らかになった問題点の改善や、それぞれが目指したいボールフライトを実現させるためにどのように練習していくべきかについて、三觜プロから直接指導を受けていただきます。

当施設は、日本におけるゴルフサイエンスの最先端の研究施設であるとともに、ビギナーが最速に上達を目指す、シニアが身体制限な中で最も効率的なスイングを志向する、プロがさらに欧米一流ツアープロのデータと比較しさらなる高みを目指すなど、あらゆるプレーヤーの技術向上に必ずや寄与できる存在であると確信しております。
計測をご希望の方は、お問合せフォームよりお問い合わせください。

松本 協(まつもと たすく)

米ジェイコブス3Dゴルフのアドバイザリーメンバー兼オフィシャル日本アンバサダー。USGTF ティーチングプロフェッショナル。
TPI Certified
三十年弱に渡り主に欧州を拠点に国際金融マンとして活躍、一方でパーシモンクラブを手に英国を中心にゴルフに興じる。十年余の在英時代はゴルフクラブをほとんど新調せず、2007年日本へ帰国すると最新のドライバーが全く打てなかったため、旧来打法からの 決別を誓い様々なゴルフコーチの指導法を研究。一方でゴルフサイエンスの研究に勤しみ、それが高じて米ゴルフサイエンス研究機関であるジェイコブス3Dゴルフからアジア人初のアドバイザリーメンバー兼オフィシャル日本アンバサダーとして認定を受ける。その後ティーチングプロ資格を得たのをきっかけにゴルフリサーチャー に転身。2020年夏ジェイコブス3Dジャパンの拠点を大箱根CCのMitsuhashi Golf Academy内に開設。
著書「ゴルフの力学」サンエイ新書